音楽と合唱をこよなく愛する者達の集まりです

トップへ戻る

■アカペラ用の楽譜
・ブルックナー:<Christus factus est>、<Locus iste>
 ・ 阪田寛夫作詞、佐々木伸尚作曲:<夜のうた>(混声4部合唱)
は毎回持参して下さい。ちょっとした時間が空いた時に練習するそうです。

■ハ短調ミサの発音はイタリア式からドイツ語(ウィーン風)に変更になっています。詳しくは、ホームページのテノール練習記又はC-mollからご覧下さい。その度に先生からここはこうと指示されますのでそれからでも大丈夫だと思います。

■Qui tollisの音取りは、バイヤー版(小沢先生のCDにも入っています)の音取りCDを使用出来ますが、1と2が一緒に録音されていますので、1の方はイヤホン等で左耳で、2の方は同じく右耳で聞くと自分のパートがはっきりわかりますのでご注意下さい。追記:片耳だけイヤフォンをするよりも両耳にイヤフォンをしてどちらかに集中する方がわかりやすいです。

■最近、普通の靴で練習に参加している方が多くなりました。福島先生からもご注意がありましたので、福島流発声法の基本となる布わらじをご持参下さい。詳しくは、パソコン版のホームページに載せてありますのでご覧下さい。(3月29日)

powered by Quick Homepage Maker Mobile 1.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM